スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

変化の兆しを見せつつある解像度

昨日今日と頑張ろうと思ったんだけど、部屋がまったく片付きませんw
すでにサウナ状態となった部屋の中を動く事が出来なかった・・・・。
どうやらエアコン買おうと動き出すのが1ヶ月ぐらい遅かったらしい。
とりあえず涼しくなる夜にやるしかないよなぁ。

いちおうチラシや体験版などを纏めてみたんだけど、
なんというか、2004年とか書かれた時代のチラシを多量に見ると泣けてくるというかw
ラバソやら何やらと1作目のチラシやもう解散してしまったブランドとか、
どうしたものかなぁ~と思いつつ、結局捨てずにダンボールに収めちゃうんですよね。


ってなコトは置いといて、たまにはコラムっぽいものでもと、
最近主流となりつつあるワイドモニターと美少女ゲームの今後の解像度について
個人的な意見で書いてみます。



昨今ではメーカー製のディスクトップやノートの多くはワイドモニターとなりつつある。
それに比例するかのごとく、単体で販売されているモニターも
今や売り場に行くと大半の店舗で全体のおよそ8割ほどはワイドモニターが占めている。
これまで通常サイズとされてきた4:3のモニターは影を潜め、
場合によっては製造そのものが減少しつつあるのが現状だ。
とはいえ、実際に製造が止まった訳ではないので新製品が出たり販売もされているが、
価格的にも圧倒的にワイドモニターの方が安価で手に入りやすくなっているようだ。

ネットなどをする上ではワイドの方が広く使え、利点もあるだろう。
また、映像や一般ゲームでもワイドの対応がされているので
時代の流れはすでにワイドモニターへと移行されたと考えてもいいだろう。

だが、美少女ゲームを主軸とするオタクにとってはそう簡単にワイドへと切り替えにくい部分がある。
美少女ゲーム作品のほとんどが未だに4:3の800×600で製作されているからだ。
無論これに関してはアスペクト比に対応したモニターやGVAを使う事で対処できるが、
すべての人がパソコンに精通した知識がある訳でもないので悩む人もいるだろう。
となれば、ゲームを製作するブランドにワイド対応の作品を制作してもらうのが一番だが、
現状ではワイド化の時代となりつつあるのに美少女ゲームは現行のままなのだ。

先日、スタジオメビウスの新作発表イベントでは
「まだ800×400なの?」
という意見が出た事から急遽ワイドに対応した作品作りに切り替えたという。
ワイドにする事で背景を含めて画面上を広く演出でき、
立ち絵シーンでは3人並んでも窮屈にならず、より自然に表現出来るそうだ。
単純に考えても良い事は多い。
にも拘らず、800×600で作り続けるのはコストとサポート面の問題もあるのではないか?

ワイドになる分、当然CGは描く範囲が広がってしまう。
それを表現する為にも従来のスクリプトなども多少ながら変更を必要とされるだろうし、
ユーザーが必ずしもワイドモニターを使用しているとは限らない。
4:3モニターで動作した時の誤差もサポートしなければならないとなれば
1つの作品で2つの解像度を対処する事になるだろう。
そうなればワイド版対応と別にパッケージングした方が楽かもしれないが、
製造を2種類に分類してしまえば大量の在庫を抱える事になる筈。
ユーザー側から見ればいい事尽くしだが、コストと作業量を考えれば製作側にとっては逆となりそうだ。

では美少女ゲームはずっと4:3のままなのか?
といえば決してそうとも限らないだろう。
販売されるモニターがワイドへとシフトされつつある今の時代だ。
いずれは4:3モニターはかつてのCRTのように姿を消す可能性もある。
現に美少女ゲーム業界の中での少しづつワイド対応への流れが起こりつつある。

ワイド対応をウリにしてきたスタジオメビウスの『SIN 黒朱鷺色少女』をはじめ、
Lillianの『ティンクル☆くるせいだーす』 (1024×768)
ABHARの『水平線まで何マイル? 』 (1024×576)
と、わずかながらにワイドを考慮した作品も出始めている。
これらの作品が評価されれば、他社もおのずと意識してくるだろう。
それはこれまでの640×200から640×400、640×480、そして現行の800×600と、
過去の流れからも想像できる。


現に昨年の頃、イベントの場でいくつかのブランドでワイド対応について聞いてみたが、
どのスタッフからも作業は4:3で開発してるからという答えばかりだったように、
まだ多くのブランドは今の4:3を維持して行くと思うが、
毎月1作でもワイド対応作品が発売されるようになって行けば
変化して行くんじゃないかなと思ってます。


ま、そんな訳で、わずかながらでもワイド対応作品が出始めているようなら
今後モニターを買う際には考えていった方がいいかも知れませんね。
ただし、上記にも書いたように今はまだ4:3で開発されている事はほとんどなので、
一部のメーカーさんからはワイドはやめた方がいいかも?
とは言われたので悩みそうですw
スポンサーサイト
2008-07-06(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

ゲームのワイド化は、そのうち全てのメーカーに浸透するような気がします。時間がかかるだけで。
まあ、そういう時期がきても、今までのモニターでゲームをプレイされる方がいるでしょうが…
ちなみに、リリアンの「ティンクル☆くるせいだーす」をフルスクリーンでプレイした場合、上下の部分が黒くなりますね。
まあうちは、ワイドモニターでないので、仕方ないのですが…

俺の結論としては、上下に黒い部分があっても、ワイド化によって、ゲームの画像の質が高まるのであれば、そっちを優先したいですね。
モニターは、適当に寿命がきたら、買い換えますし。
2008-07-06 21:29 | 神代 一郎 | URL   [ 編集 ]

 

1280×1024のモニタならウインドウモードで対応できるから、特に悩む必要もないような気もします。
CRTでフルスクリーンにしていた時代は、640×480でも800×600でも左程差は出なかったのですがね~
今後は液晶モニターの解像度の標準っていうのがあやしいので、ウインドウモードでのプレイが主流になると儂は見ています。
儂のモニターだと1920×1200なので、800×600は2倍表示で上下はぴたりにできるのですが。
解像度は最終的にはフルスペックハイビジョン(D5)の1920×1080に向かうと思ってますが…まあテレビと違って何時になることやら。
2008-07-07 14:17 | mog@男爵軍曹 | URL   [ 編集 ]

 

☆神代 一郎さん
いずれ対応はしていくとは思うけど、
製作サイドの話を聞く限りでは難しいんだよね。
一般作品は対応への流れになっているので意識されつつはあるけど、
いろんな要素も多そうなんですよ。


☆mog@男爵軍曹さん
今は基本的にウインドウモードに重点は置いてますが、
フルスクリーンでのプレイにこだわりを持っているブランドが
実は多いですよ。
1280×1024でもウインドウモードで大丈夫と思われますが、
実はそうではなかったりするんですよねw
2008-07-08 01:44 | 管理者@高嶺 | URL   [ 編集 ]

プロフィール
たみろぐ 「サンサンナナビョーシ!」 作曲・編曲/(有)CHOIR  コーラス/安保さゆり 歌詞+ボーカル/民安ともえ 収録スタジオ/㈱バスマウス

高嶺智早

  • Author:高嶺智早
  • (たかみねちはや)
    オタク歴20年以上
    大阪・日本橋のイベントに出没 
    美少女系ゲームを中心に、
    特に新規ブランドを応援しています。
バナーはお持ち帰りを



Takamine_cをフォローしましょう
応援バナー

夢見奏『りりかる!』 C78(2日目

応援しています

GWAVE公式WEBGWAVE公式WEB
アルフィンラッシュ&ピピン
日本橋プロジェクト日本橋コスプレまつり2009 【日本橋商店街コスプレ全面開放!】日本橋フェスタ・日本橋ストリートフェスタ2009年度版公式外郭イベント
カテゴリー
最近のコメント

『まかぱらっ! ~あの世でめちゃモテ~』2011年2月発売予定!
Noesisゲーム第4弾『CURE GIRL』販促協力中! Noesisゲーム第4弾『CURE GIRL』販促協力中! Noesisゲーム第4弾『CURE GIRL』販促協力中!
とらぶる@すぱいらる!バナー 710px×120px
【ぜったい絶頂☆性器の大発明!! ─処女を狙う学園道具多発エロ─】2011年3月25日発売予定!!
はむはむソフト フラグへし折り男応援バナー
年の差純愛癒し癒されADV スイートロビンガール
ななを応援してくれたら、貴方だけのわんこになっちゃいますよ♪ わんわんっ♪
もろびと こぞりて

さくらさくらFESTIVAL!
絶対★妹原理主義!! 10月29日発売!
『普通じゃないッ!!』応援バナー
「キサラギGOLD★STAR」応援CHU!!

『淫辱都市/堕天の贄』2010年10月発売予定!
『くれよんちゅーりっぷ』応援中!
『秋空に舞うコンフェティの公式ホームページ』応援中です!
「貴方の応援で演劇部を支えて頂戴。心からお願いするわ」
LOVERSOUL最新作『Green Strawberry』2010年9月24日(金)発売!
どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。